燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

ブレーキ方法

燃費とブレーキの関係

「ブレーキの使い方次第で燃費が変わる」と言われると、何となく納得してしまうという人は少なくないはずです。何故なら走行中のクルマを止めるには、かなりのエネルギーが必要になるからです。人間の場合でいうと、道路を歩いている人が止まるのにはたいしたエネルギーを必要としないのに対し、グラウンドを全速力で走っている人が急に止まろうとすると大きなエネルギーが必要になるのと似たものがあります。
 
ブレーキを踏むとクルマが止まるのは次のような仕組みによるものです。ドライバーがブレーキペダルを踏むと、クルマの車軸に取り付けられているブレーキパッドが円盤状のブレーキローターを挟み込みます。挟まれたローターは摩擦を起こして回転が遅くなり、最後には車軸が止まってクルマが停車します。つまりブレーキとは車軸を止めるための操作をすることなのです。その操作にはエネルギーが必要であり、エネルギーが掛かるということは即ち燃料を使うということになるわけです。


 

 

 

クルマの止め方と燃費

クルマを停車させるときの減速方法とエネルギーの消費量の関係をみたとき、最も燃料が掛からないのがニュートラルにしてエンジン停止するという方法です。ただし危険が伴うので一般道ではオススメできません。次がニュートラルにしてアイドリングする方法で、MT車なら実行は可能でしょう。次がアクセルを緩める、アクセルを離すという方法で、最後がフットブレーキを踏むという方法になります。

燃費はブレーキの踏み方で変わる?

クルマを止める場合、最もエネルギーが掛からないのがエンジンブレーキを使うという方法です。エンジンブレーキを掛けると、エンジンは回転しているが燃料は供給されていない(=消費されない)という状態になります。そのため燃費を悪くさせずにクルマを止めることができるわけです。逆に急ブレーキを掛けると短時間でクルマを止めようとするわけですから、多くの燃料が必要になって燃費が悪くなるということになります。

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方