燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

ディーゼル車とガソリン車、燃費はどう違う?

ディーゼル車 vs ガソリン車

巷でよく耳にするのが「ディーゼル車とガソリン車の燃費はどう違うの?」という疑問です。同じディーゼル車やガソリン車でもメーカーや車種によって多少の燃費の違いはありますが、そのあたりを踏まえたうえで比較してみるとどうなるのでしょうか。
 
一般的な見方として挙げられるのが、同型車で比べた場合、「ディーゼル車の方が20~30%程度燃費が良い」という意見です。エンジンの混合気圧縮比率はガソリン車が1対9であるのに比べ、ディーゼル車は1対20と高く、少量の燃料でパワーを発揮できるというのがその理由の一つとなっています。また、単位CO2排出量当たりの燃費もディーゼル車のほうが良いという意見もあります。
 
一方、ディーゼル車はガソリン車に比べて非力な部分があり、排気量を大きくしたりターボを付けるなどの点から燃費が悪いという意見もあるようです。ディーゼル車ではアクセルを踏む回数が多い、深くアクセルを踏む場合が多いなどの点から燃費に関してはガソリン車のほうが効率が良いという考え方もあります。

燃費を比較してみると?

実際に市場に流通しているディーゼル車とガソリン車の燃費を比較してみたらどうでしょうか?
マツダDEMIOのディーゼル車の燃費(JC08モード)…26.4km/L
マツダDEMIOのガソリン車の燃費(JC08モード)…24.6km/L

 

マツダCX-5のディーゼル車の燃費(JC08モード)…18.6km/L
マツダCX-5のガソリン車の燃費(JC08モード)…16.4km/L

ニッサンNV350のディーゼル車の燃費(JC08モード)…12.2km/L
ニッサンNV350のガソリン車の燃費(JC08モード)…9.7km/L
 
以上のように単純比較ではディーゼル車のほうが燃費は良いという結果になります。ただし経済効率という意味ではクルマ本体の価格も考慮しなければならないので、一概にどちらがお得かと言い切れないのが実状ではないでしょうか。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方