燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

自動車の燃費を向上させる運転方法や工夫

オイルタックを車輌の燃料(レギュラーガソリン、ハイオクガソリン、軽油)に10,000分の1加えて頂く事で、燃費が平均2%~10%改善します。しかし、そもそも燃料をムダに消費するような運転方法を続けていては、勿体ないですよね・・・。ここでは、燃費向上に繋がる運転方法や工夫についてご説明させて頂きます。トラック運転手の皆さんにとっては「そんなの常識だよ!」と思われる事ばかりかと思いますが、お付合い願います。 燃料節約は地球環境に貢献します

空気圧

空気圧 空気圧が下がると燃費が悪化? クルマの燃費はタイヤの空気圧と深い関係があります。タイヤの空気圧が低下すると燃費が悪くなり、少し上げると燃費が向上するといわれています。実際に国民生活センターが試験を行なったところ、クルマの空気圧が30%低下した状態で走行すると、燃費が約8.5%悪化するという結果が出ています。マイナス8.5%という数字は指定空気圧で走行したクルマとの比較ですが、意外に

燃費計

燃費計 燃費計を使って燃費向上できる? クルマの燃費は経済的にもエコを考えても重要な要素のひとつです。燃費が良ければガソリン代を安く済ませることができるだけでなく、給油に立ち寄る手間や時間を省くことができます。さらに地球にやさしい運転が可能になるわけですから一石三鳥が実現するといえるでしょう。   その燃費向上で注目されているのが「燃費計を使う」という方法です。燃費計を使用するだけ

ブレーキ方法

ブレーキ方法 燃費とブレーキの関係 「ブレーキの使い方次第で燃費が変わる」と言われると、何となく納得してしまうという人は少なくないはずです。何故なら走行中のクルマを止めるには、かなりのエネルギーが必要になるからです。人間の場合でいうと、道路を歩いている人が止まるのにはたいしたエネルギーを必要としないのに対し、グラウンドを全速力で走っている人が急に止まろうとすると大きなエネルギーが必要になるのと似た

運転方法

運転方法 燃費は運転方法で節約できる クルマの燃費はドライバーのちょっとした注意で向上させることができます。最も燃費が悪いのが、青信号で急激に加速、追い越し加速、高速道路を100キロ超で走行という運転方法です。この3点に気を付けるだけでも、かなりの燃料を節約することができます。ほかにも燃費をよくするためのポイントがありますので、以下に詳しくご紹介していきましょう。   燃費

高速走行・高速道路

高速走行時の運転テクニック 高速道路での走行と燃費の関係は? ドライバーの皆さんのなかには「高速道路では燃料が掛かりそう」と思っている方もいるかもしれません。しかし高速道路の走行では、ポイントさえ知っていれば燃費を上手く向上させることができます。特に長距離で安定した走行を心掛ければ、市街地の一般道よりも燃費アップは可能です。ほかにも高速道路での燃費向上に効果がある運転テクニックを紹介しますの

渋滞

渋滞時の運転テクニック 渋滞で燃費を悪化させないテク 道路が渋滞しているとき、燃費を悪化させずに走れる運転テクニックです。お盆や年末など渋滞時には次のポイントを押さえておくと燃費を悪くさせないだけでなく、交通事故を防止する安全運転にもつながります。 車間距離は十分に保つ 車間距離が近づきすぎると、前のクルマに合わせて加速や減速を繰り返さなくてはならないので燃費が悪くなります。ただ

アイドリングストップ

アイドリングストップの燃費削減率 20分間アイドリングすると… 実際に「どのくらいアイドリングをすると1リットルのガソリンを消費するか?」というテストでは、軽自動車の場合で20~25分間、ワンボックスカーの場合で15~20分間という測定結果が出ているそうです。これは標準的なクルマでエアコンを使用していない状態での実験で、エアコンを使用していれば燃料消費量はさらにアップするでしょ

坂道

坂道での運転における注意点 坂道と燃費の関係は? よく「坂道の走行は燃費が悪い」といいますが、クルマの種類や坂の条件によって多少の差はあるものの上り・下りともに燃費が低下することは事実です。その理由は上り坂で燃費が悪化するのはアクセルを強く・何回も踏み込むため、下り坂ではブレーキを頻繁に踏み込むためです。クルマはアクセルやブレーキを踏むと燃料が消費されるため、強く・頻繁に使用すると燃費が悪化するの

峠 峠道の走行と燃費の関係 クルマで峠道を走ると、坂やカーブが多いために燃費が悪化しやすくなります。これは上り下りやカーブで加速と減速を繰り返すためです。特に上り坂でカーブが続くという場合は、勾配抵抗の影響で著しく燃費が悪くなります。ドライブを楽しむ目的なら多少の燃費の悪さは我慢するということになるのでしょうが、通勤や仕事で峠を走るような場合は問題と言わざるを得ないでしょう。   &n

雨天の運転 雨は燃費に影響するのか? クルマを使うメリットのひとつが雨の日の走行です。どこかに移動するにしろ荷物を運ぶにしろ、雨に濡れずに住むというのは大きな長所といえます。その雨の日にクルマを運転すると燃費が悪いと困るという人も少なくないでしょう。   雨の日にクルマの燃費が悪くなるのは、道路表面に水の抵抗ができて燃料を食うためです。一般的に降水量1ミリで1%ほど燃費が落ちるとされてお

オイル交換

エンジンオイル交換 オイル交換と省燃費は関係がある? クルマを長持ちさせて大切に使おうという人は、必ずこまめにオイル交換をしています。オイル交換でクルマの寿命が延びるのはもちろん、実は燃費に関しても似たようなことが言えるのです。   オイル交換をせず劣化したオイルのまま走行していると、結果的にパワーロスが起こって燃費が悪くなります。これは古くなったオイルでエンジン内部の摩擦抵抗が上昇する

タイヤの種類

タイヤの種類で燃費が変わる? タイヤの種類と燃費の関係 クルマのタイヤの種類によって燃費が変わってくるというのは事実です。簡単な例でいえば、タイヤのサイズが大きいと走行抵抗がアップして燃費が悪くなり、反対にサイズが小さくなれば燃費が良くなります。一般的にいえば、走行抵抗が少なく燃費が良いのは(1)走行性能を向上させたタイプのHT(ハイウェイテレーン)タイヤ、(2)全地形タイプのAT(オールテレーン

10・15モード燃費

燃費測定基準「10・15モード燃費」 10・15モード燃費とは? 燃費向上の話題になると必ず登場するのが「10・15モード燃費」という用語です。この言葉は市街地および郊外で自動車が奏功した場合、1リットルの燃料でどのくらいの距離を走れるかを測定する燃費測定方法を指しています。   かつて燃費の表示には、普通乗用車が時速60キロでテスト走行して測定した結果を用いていました。しかし市街地での

JC08モード燃費

燃費測定基準「JC08モード」 JC08モードとは? 最新の自動車の燃費測定方法として用いられているのが「JC08モード」です。走行パターンを何種類か想定して燃費を測る方法で、2011年以降からは国内で型式認定を受ける車両に対してはJC08モードによる燃費値が適用されています。   「10・15モード」との違いはホットスタート(エンジンが温まった状態でのスタート)だけでなくコールドスター

ディーゼル車VSガソリン車

ディーゼル車とガソリン車、燃費はどう違う? ディーゼル車vsガソリン車 巷でよく耳にするのが「ディーゼル車とガソリン車の燃費はどう違うの?」という疑問です。同じディーゼル車やガソリン車でもメーカーや車種によって多少の燃費の違いはありますが、そのあたりを踏まえたうえで比較してみるとどうなるのでしょうか。   一般的な見方として挙げられるのが、同型車で比べた場合、「ディーゼル車の方が20~3

スタッドレスタイヤ

スタッドレスタイヤって燃費どう? スタッドレスは燃費が悪いのか 冬場の凍結路面や積雪路面で大活躍するのがスタッドレスタイヤですが、燃費の問題となると「燃料費が掛かって困る」という評価が定着しています。残念ながらこの評価はほぼ事実に近く、ノーマルタイヤと比べてスタッドレスタイヤは10%くらい燃費が悪いとされているのです。   スタッドレスタイヤの燃費が悪いのは、雪道を走るためのタイヤという

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方