燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

船の燃費向上にはオイルタックが効果的です。船の燃費向上を目的として複数の船会社様に「オイルタック」を長年ご愛用頂いております。船の燃費向上をご検討の船会社のご担当者の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

黒船来航で変わった日本の造船

幕末、鎖国中の日本に米国のペリー提督が4隻の黒船を率いて訪れた事は我が国の造船業にも大きな影響を及ぼしました。江戸時代までの日本の船は「和船」と呼ばれ、古代の丸木舟の構造を基本として発達してきたものです。西洋式の船の構造は竜骨や肋材を用いて大型化し外洋の航行が可能であったのに対し、和船は幕府の政策により日本沿岸を航行するに留まっていたのもその一因でした。
 
ペリーの黒船来航とともに、日本は維新戦争から開国へと大きく変化しました。それとともに従来の和船は西洋式のものに進化していきます。1861年(文久元)には長崎製鉄所(のちの長崎造船所)が完成、1876年(明治9)には民間初の石川島平野造船所が開業しました。その後、日清戦争の勃発により造船奨励法が施行され、国産初の大型貨物船「常陸丸」が建造されることになります。そして1919年(大正8)には世界第3位の建造量63万総トンを記録するまでに至ったのです。

日本の造船業は工業まで発展させた

日本は一流の工業国としても世界に知られています。その工業が発展する礎は「造船業の発展にあった」と聞くと意外に感じる人もいるかもしれません。造船業の発達とともに工業が発達するのには理由があります。
 
船を造るには海に浮かぶ外箱を準備するだけでは意味がありません。明治の開国当時、世界トップクラスの造船技術を持つ英国に学んだ日本でしたが、同時に造船に不可欠な各種工業をも発展させる必要性が生じたのです。その必要な工業とは、鉄鋼・機械・電機・化学産業でした。現在ではそれに加えコンピューターなどの電子産業や物流に関わる情報産業も必須となり共に発展してきたといえるでしょう。今後の造船業界は海上を航行するだけでなく、海中の資源開発にも寄与していくといわれています。すでに無人船によってマリアナ海溝など海中の貴重な資源の調査を行なう試みもスタートしているそうです。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方