燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

漁船

漁船の燃費向上にはオイルタックが効果的です。漁船の燃費向上を目的として複数の水産会社様、漁船船長様に「オイルタック」を長年ご愛用頂いております。漁船の燃費向上をご検討の水産会社のご担当者の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

漁船にはどんな種類がある?

私たちが一般に漁船といった場合、海上で魚を獲る船を思い浮かべます。あながち間違いではないものの、漁船には意外に多様な種類があるのです。漁船は大きく分けて魚介類を獲る「漁猟船」、遠洋漁業で漁獲を取りまとめる「母船」、収穫した魚介類を加工する「工船」、魚介類や加工物を運ぶ「運搬船」、その他の「調査船」「試験船」などがあります。現在の日本の漁業はこうした各種の漁船で成り立っているといえるわけです。
 
うち漁猟船は漁の手法や目的によって区分けされています。カツオの一本釣りなどで有名なのが「釣漁船」で、サバやイカ漁などにも用いられるものです。サケやマス漁に用いるのが「流網漁船」で、水流や潮流のある場所に網を流して漁をします。古来から用いられている「延縄漁船」はマグロやタコ漁、網を固定して用いる「刺網漁船」はイワシやサンマ漁に使われます。ほかにもサバやイナダ漁などの「旋網漁船」、アジやイワシ漁などの「敷網漁船」等、多様な種類の漁船が使用されているのです。

船名が「○○丸」になる理由

日本の船で圧倒的に多いのが「○○丸」という名前です。江戸時代の将軍御座船「安宅丸」や勝海舟が艦長だった軍艦「咸臨丸」、坂本龍馬の海援隊所有の「いろは丸」など、我が国では伝統的に船名に「丸」を用いてきました。
 
船に「○○丸」という名前を付ける理由としては、自分自身を指す「麿(まろ)」が転じたという説、船を城郭の曲輪に見立てた「曲輪(=まる)」説、中世の運送・倉庫・販売業の問屋が所有していた船を問丸と呼んだ「問丸」説などがあります。
 
日本船の多くが名前に「丸」を用いていることから、海外諸国からは「マル・シップ」と呼ばれることもあるそうです。ただし最近では「さんふらわあ」や「らいらっく」などの花の名前、「いしかり」や「ふくおか」などの地名を付ける船も増えてきました。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方