燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

アイドリングストップの燃費削減率

20分間アイドリングすると…

実際に「どのくらいアイドリングをすると1リットルのガソリンを消費するか?」というテストでは、軽自動車の場合で20~25分間、ワンボックスカーの場合で15~20分間という測定結果が出ているそうです。これは標準的なクルマでエアコンを使用していない状態での実験で、エアコンを使用していれば燃料消費量はさらにアップするでしょう。また整備が行き届いていないクルマの場合もアイドリング時の燃料消費量は上がると考えられます。
渋滞時はアイドリングを続けた状態になるのは珍しくないことですが、軽自動車なら20分間強でガソリン1リットルを消費してしまう可能性もあるわけです。それが2000ccクラスのクルマなら15~20分間で、3000ccクラスのクルマなら15分間強で1リットルのガソリンが消費されてしまうという計算です。

アイドリングストップの効果は?

アイドリング状態を続けると想像以上のガソリンが消費されているわけですが、逆にいえばアイドリングストップを心掛ければ燃費向上が実現できるという結果になります。渋滞時にフレキシブルにアイドリングストップするだけで、1時間に1~3リットルの節約ができる可能性があるのです。
 
最近ではアイドリングストップ機能の付いたクルマが発売されていますが、そのうちの一つ新型ミラージュではモード燃費が23.2km/Lから27.2km/Lへと約17%も減少しています(同社比)。もちろん装置付きのクルマでなくとも、手動のアイドリングストップでも効果があることは言うまでもありません。ある研究団体では、全国の自家用車がアイドリングストップを実行すると原油換算で約275万KLの燃料を削減できると提言しています。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方