燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

渋滞時の運転テクニック

渋滞で燃費を悪化させないテク

道路が渋滞しているとき、燃費を悪化させずに走れる運転テクニックです。お盆や年末など渋滞時には次のポイントを押さえておくと燃費を悪くさせないだけでなく、交通事故を防止する安全運転にもつながります。
車間距離は十分に保つ
車間距離が近づきすぎると、前のクルマに合わせて加速や減速を繰り返さなくてはならないので燃費が悪くなります。ただし車間距離が広すぎると後続車が苛立つ場合もあるので、状況を見ながら柔軟に対応してください。
 
割込みの邪魔をしない
前のクルマとの距離を開けたことで、他のクルマが割り込んで来る可能性もあります。割込みが難しいような絶妙の距離を開けられれば理想的ですが、仮に割込まれそうになってもムキにならないというのも燃費を悪化させない一つのテクです。
 
周囲のクルマに合わせる
クルマの運転方法はドライバーによって違いがあります。しかし渋滞時に日頃の自分の運転ルールを押し通そうとすると燃費が悪化する可能性があります。クルマの燃費が悪化する最大の原因はアクセルやブレーキを頻繁に踏むという行為です。渋滞した道路では自分のルールにこだわらず、周囲のクルマに柔軟に合わせるというのも燃費をアップさせるテクニックなのです。

渋滞には2つの原因がある

お盆やGW、年末年始など道路が渋滞するシーズンは頭が痛いというドライバーも多いでしょう。このような渋滞は心理的なストレスが溜まるだけでなく、クルマの燃費にも大きなダメージを与えます。渋滞が起こる原因の1つめは工事や事故などの物理的なもの、2つめはドライバーの運転テクニックなど人為的なものです。この2つの原因が重なると渋滞はさらに重度になります。
 
「渋滞がなければどんなに楽だろう」と嘆くドライバーは少なくないでしょうが、現在の日本の道路事情からすれば渋滞をゼロにするのは難しいといわざるを得ません。快適に運転をするためにも、クルマの燃費を向上させるためにも、渋滞時でも燃費を悪化させないための運転テクニックを活用しましょう。

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方