燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

空気圧

空気圧が下がると燃費が悪化?

クルマの燃費はタイヤの空気圧と深い関係があります。タイヤの空気圧が低下すると燃費が悪くなり、少し上げると燃費が向上するといわれています。実際に国民生活センターが試験を行なったところ、クルマの空気圧が30%低下した状態で走行すると、燃費が約8.5%悪化するという結果が出ています。マイナス8.5%という数字は指定空気圧で走行したクルマとの比較ですが、意外に大きな差があるので驚いた方もいるかもしれません。
空気圧の点検はこまめに

燃費と空気圧の関係を詳しく

クルマの空気圧が燃費に与える影響が分かるデータがあります。あるクルマのタイヤの空気圧を少し高め(2.8kg/cm2)にした場合の消費燃料は平均22.0(cc)であったのに対し、標準(2.0kg/cm2)にした場合は平均22.9(cc)、少し低め(1.2kg/cm2)にした場合は平均26.5(cc)という数値が出たそうです。この数値はクルマを発進させてから時速50kmに達するまでの平均値ですが、タイヤの空気圧によって燃費に差があるのが如実に分かるデータとなっています。

空気圧は適正から少し高めに

クルマの燃費は空気圧を高くしさえすれば向上するというわけではありません。空気圧を一定の割合を超えて上げても燃費は変わらず、逆に運転性が悪くなって事故の原因になることもありますので注意が必要です。クルマの種類によっても多少の違いがありますが、最も燃費がよくなる空気圧は指定空気圧プラス10%程度までとされています。

燃費は「燃料消費率」の略で、エンジンなどの原動機が発するエネルギーに対する燃料の消費割合(g/kWh)を指します。少ない燃料で多くのエネルギーを発生させられれば燃費が良いということになり、ガソリン代などが節約できるだけでなくCO2の削減にも効果があり地球環境に貢献できるという結果になるでしょう

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方