燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

プール

温水プールのボイラー等の燃費向上にはオイルタックが効果的です。ボイラーの燃費向上を目的として「オイルタック」は複数の温水プールにて長年ご愛用頂いております。ボイラーの燃費向上をご検討の温水プールご経営者の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

会津から始まったプールの歴史

プールといえば学校や公営体育施設、アミューズメント施設などを思い浮かべる人も多いかもしれません。最近では夏場だけでなく、四季を通して利用できる温水プールも増えてきました。しかし国内のプール発祥の地が「会津藩の藩校だった」ということは意外に知られていないようです。
 
現在の福島県会津市にあった会津藩の藩校・日新館が建設されたのは1803年(享和3)のことでした。5代目藩主・松平容頌時代の家老であった田中玄宰が藩士教育のために学校建設を計画し、藩の御用商人であった須田新九郎の財政援助によって完成したのが日新館です。その日新館には水泳教育用の水練場も設けられ、これが日本初のプールと伝えられています。当時の藩士の子弟は10歳になると日新館に入学し、学問・武術などともにこの水練場で水泳訓練を行なっていました。

世界の珍しいプールBEST3

南米チリの世界一大きいプール
チリのリゾートホテル「サン・アルフォンソ・デルマール」には全長が約1013メートルもある世界一大きな海水プールがあります。日本の一般的なプールは長さが25メートルですから約40倍のサイズです。このプールではヨットレースをすることもできるとか。
 
米国のギター&ピアノ型のプール
米国フロリダ州にあるディズニー・オールスター・リゾートの中にあるミュージックリゾートにはギターやグランドピアノの形をしたプールがあります。ギタープールには弦の模様、ピアノプールには鍵盤の模様が付いているという凝りようです。
 
アフリカにある悪魔のプール
ザンビア共和国にあるのが「デビルズプール(悪魔のプール)」と呼ばれる天然プールです。このプールは世界三大瀑布の一つであるヴィクトリアの滝の中にあり、ちょっと気を許すと滝の水とともに落下してしまうという危険なもの。滝の落差は108メートルですから落下したら大変なことになります。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方