燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

雨天の運転

雨は燃費に影響するのか?

クルマを使うメリットのひとつが雨の日の走行です。どこかに移動するにしろ荷物を運ぶにしろ、雨に濡れずに住むというのは大きな長所といえます。その雨の日にクルマを運転すると燃費が悪いと困るという人も少なくないでしょう。
 
雨の日にクルマの燃費が悪くなるのは、道路表面に水の抵抗ができて燃料を食うためです。一般的に降水量1ミリで1%ほど燃費が落ちるとされており、5ミリ、10ミリともなれば5~10%程度燃費が悪化するわけです。
降水量1ミリ…傘をささなくても何とかなる
2ミリ…普通の人なら傘をさす程度の雨
5ミリ…雨音がよく聞こえ、ほとんどの人が傘をさす
10ミリ…ザーザーと降り、足元が濡れる
20ミリ…どしゃ降りで傘をさしても濡れる
雨が強くなればなるほどクルマを使うメリットが大きくなり、クルマで外出する人が増えるというのが一般的です。しかし、20ミリ程度の雨であれば燃費は20%程度悪化する結果になり、雨天での走行が続けば多くの燃料を消費することになるでしょう。
雨の日の運転
 
 
 
 
 

雨天で燃費を上げる運転テク

雨の日のクルマの運転でも、ちょっとした気遣いで燃費を上げることができます。
 
道路の水たまり部分はできるだけ避ける
停車中は無理のない範囲でワイパーを止める
ライトやエアコンも必要なときだけ使用する
水が溜まりやすい道路は避けて別の道を走る
車間距離を広めにとって無駄なブレーキを踏まない
 
小さな積み重ねですが燃費向上には効果が期待できます。雨の日は見通しも悪くなり事故が起こりやすくなりますので、安全運転を心掛けてエコドライブをしてください。

雪の日の燃費にも注意

雨天の日だけでなく、雪の日も燃費は悪くなる傾向があります。都市部でうっすらと雪が積もり溶けかけている状態では、雨の日と同じような状態と考えていいでしょう。また、かなり雪が積もって圧雪路になっている場合、スタッドレスタイヤなどでの走行なら抵抗が少なくなりますが、燃費が悪くなることに変わりはありません。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方