燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

レギュラーガソリン

ガソリンの燃費向上にはオイルタックが効果的です。自家用車等の燃費向上を目的として「オイルタック」は沢山の方にご愛用頂いております。自家用車の燃費向上をご検討の方、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

参考/乗用車にもオイルタックが効果的です
参考/ハイオクガソリンに関する説明ページ

レギュラーガソリンとは?

レギュラーガソリン(Regular Gasoline)は低オクタン価のガソリンです。レギュラーとは一般的な普通のという意味で、ノーマルガソリン(標準的なガソリン)と呼ばれることもあります。主として自動車用として用いられ、レギュラー、ノーマル、無鉛、ガスといった名称が使われているガソリンです。
 
一方、レギュラーガソリンがあれば、そうでないガソリンもあります。それが高オクタン価のハイオクガソリンです。レギュラーガソリンはオクタン価が89以上~96未満であるのに対し、ハイオクガソリンはオクタン価が96以上という違いがあるのです。このオクタン価というのは自動車の耐ノッキング性能を表わす値で、高数値であればノッキングを起こしにくいガソリンということになります。

日本初のガソリンスタンド

自動車に不可欠なレギュラーガソリンを販売するガソリンスタンドですが、日本でも最近はセルフ式のものが増えてきました。セルフ式スタンドは欧米では一般的なスタイルだったものの、日本では1998年(平成10)の消防法改正による規制緩和が行なわれるまでは見掛けることはなかったのです。現在ではセルフサービス式のガソリンスタンド数は9000店超といわれ、フルサービス式が減少傾向にあるのに対して大きく勢力を伸ばしています。
 
ガソリンスタンドが日本で初めて設置されたのは1912年(大正8)のこと。日本石油が東京都の千代田区外神田に建設し、奥田友三郎商店に貸与して運営を任せていたと伝えられています。当時の外神田には中央魚市場があったため、主に市場に出入りする業者の自動車にガソリンを販売していたそうです。ちなみに、日本初のセルフ式スタンドは1998年(平成10)に鈴与商事が静岡県静岡市に設置したセルフ24だったということです。
 

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方