燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

旅館

旅館のボイラー等の燃費向上にはオイルタックが効果的です。ボイラーの燃費向上を目的として複数の旅館様に「オイルタック」を長年ご愛用頂いております。ボイラーの燃費向上をご検討の旅館の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

旅館のルーツは宿場町の「旅篭」

現在の旅館のルーツは江戸時代の宿場町に存在した「旅篭(はたご)」といわれています。東海道六十六次でも知られるように、街道には適度な距離ごとに宿場町がありました。その宿場町で旅人を宿泊させていたのが旅篭です。旅篭は規模によって大・中・小に分かれていたほか、素泊まりの宿泊専門の「平旅篭」や女性の接待がある「飯盛旅篭」といった宿屋もありました。
 
旅篭に宿泊するのは一般的な観光客や商人、個人的な用事で旅行する人などですが、低料金で利用できる木賃宿や商人専門の商人宿、武者修行者が利用する修業人宿といったものもあったのです。一方、大名・旗本・幕府役人、京都朝廷の勅使・格式の高い寺院の門跡用には本陣と呼ばれる高級旅館が運営されていました。いわゆる参勤交代で大名が宿泊したのも、このような本陣だったわけです。ただし本陣は専門的な高級旅館というより、土地の名主などの自宅に大名や役人を泊めるという形式を取っている場合が多かったそうです。本陣の持ち主はわずかな宿泊料で大名や役人を泊める見返りとして、苗字帯刀を許されるなどの名誉が与えられるという仕組みができていたとのことです。

奈良の僧侶が造った最古の宿

我が国に初めて旅館ができたのは奈良時代の大和とされています。当時は旅人のための街道や宿泊場所が整備されておらず、遠方まで旅をするのは命がけの時代だったのです。その数少ない旅人たちのうちに、仏法修行や寺院参詣のために大和(現在の奈良県)を目指して旅する人々がいました。彼らは厳しい旅の途中、野宿を余儀なくされて病に倒れ命を失うケースも少なくなかったのです。
 
そうした旅人の救済のために大和の僧侶たちが設けたのが「布施屋」という無料の宿泊施設です。聖武天皇の帰依を受けて東大寺の造営にも尽力した行基大僧正も、9つの「布施屋」の建設に力を貸したと伝えられています。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方