燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

坂道での運転における注意点

坂道と燃費の関係は?

よく「坂道の走行は燃費が悪い」といいますが、クルマの種類や坂の条件によって多少の差はあるものの上り・下りともに燃費が低下することは事実です。その理由は上り坂で燃費が悪化するのはアクセルを強く・何回も踏み込むため、下り坂ではブレーキを頻繁に踏み込むためです。クルマはアクセルやブレーキを踏むと燃料が消費されるため、強く・頻繁に使用すると燃費が悪化するのです。
 
 
 
 
 
 
クルマの燃費が最も良くなるのは平坦な道を一定の速度で走行している状態です。といって現実に目の前に坂があれば、そこを走らないわけにはいきません。

燃費を悪化させずに坂を走る

坂道は燃費が悪くなりがちとはいえど、運転方法を少し変えるだけで燃費を良くすることもできます。次は坂道で燃費を悪化させない運転方法のヒントです。坂道を走る場合は次のような点に留意してみてはどうでしょうか。
ゆるやかな坂道ではアップダウンに特別な意識を払わず、一定のスピードを維持することを重視します。軽自動車による実験では、ゆるやかな坂道でのベストな速度は40キロであるという結果が出ています。この速度をキープして走行すると最も効率のいい走りができるということになるでしょう。
坂を上る場合は事前に軽く加速しておき、一定の速度を保ちながら走行すると燃費の悪化を防げます。途中でスピードが落ちるようなら、シフトダウンまたはオーバードライブをオフにすることで調整が可能です。
下り坂ではエンジンブレーキを活用し、シフトダウンを上手く使って走行するといいでしょう。エンジンオフにしたりニュートラルにするのではなく、単純にエンジンブレーキを使うのが効率的な方法です。
下り坂から上り坂になる道では、まずアクセル開度を変えないまま下って行きます。スピードが上昇したところで上り坂に入るように調節すれば、アクセルを踏み込むことなく余分な燃料を使わないで坂を上ることができます。
下り坂でフットブレーキを多用していると感じたら、一段階ギアを下げてみましょう。燃費を悪くさせずにエンジン回転数を上げることができます。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方