燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

銭湯

銭湯のボイラー等の燃費向上にはオイルタックが効果的です。ボイラーの燃費向上を目的として複数の銭湯様にて「オイルタック」を長年ご愛用頂いております。ボイラーの燃費向上をご検討の銭湯ご経営者の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

江戸時代の銭湯は社交場だった

当時の銭湯は朝から夕方まで営業するスタイルで、現在の入浴のように「体の汚れを落とすこと」を目的とする以外にも庶民の社交場の役割も果たしていました。江戸の商家の旦那方や若い男性たちは朝から風呂にゆっくりと浸ったあと、銭湯の二階でお茶や菓子を楽しんだり囲碁将棋に興じたりしていたのです。その男性たちの楽しみがパワーアップしたのが「湯女風呂」で、湯女と呼ばれる女性が客の背中を流したり話相手になるというサービスが大人気となったこともあります。
 
江戸の銭湯は混浴であったことから男女の出会いの場になることもありました。男女の混浴というと驚く現代人もいるかもしれませんが、当時の銭湯は灯油の節約を目的に薄暗い魚油を用いていたため、お互いの裸体がハッキリ見えるということはなかったようです。その薄暗さが風紀を乱すとして禁止令が出されるなどの取締りも行なわれたものの、あまり大きな効果は見られませんでした。

東京の丸の内にできた日本初の銭湯

我が国で最初の銭湯が開業したのは、天正19年(1591)、江戸市中の銭瓶橋(現在の千代田区丸の内)の「銭湯風呂」だったという記録が残されています。前年に豊臣政権から関東移封を命じられた徳川家康が江戸入りしていたものの、当時の江戸は城下町も整備されておらずまだ関東の一都市に過ぎませんでした。その江戸に銭湯を造ったのが伊勢与市という男で、入浴料が永楽銭1文の銭湯風呂は珍しいモノ好きの江戸っ子に大人気となったそうです。
 
創業当初の銭湯は「戸棚風呂」と呼ばれる蒸し風呂で、湯船(浴槽)に浅く湯を入れて湯気で体を蒸して汚れを落とすという形態だったと考えられています。現代のような浴槽にたっぷりのお湯を使うようになったのは慶長年間の末頃(1610~15年頃)からです。ちなみに銭湯が造られる以前は、「功徳風呂」と呼ばれる寺院による施浴が行なわれていました。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方