燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

タンカーの種類

タンカーとは?

タンカーは船内のタンクに液体貨物を積んで輸送する船舶の総称です。船内に液槽(タンク)を備えていることからタンカーという名称がつけられています。タンカーが運送するのは石油や液化石油ガス、硫酸などの液体系の貨物で、その代表的なものが原油を運ぶ石油タンカー(油槽船)です。石油タンカーは経済性高さから大型化が進み、1979年には56万4763重量トンの世界最大のタンカー“ノック・ネヴィス(ノルウェー船籍)”も誕生しています。このタンカーは錨の重さが36トンと、まさに巨大タンカーと呼ぶにふさわしいものでした。原油を運ぶタンカーはサイズごとに、パナマックス(5~8万重量トン)、アフラ・マックス(10万重量トン)、スエズ・マックス(15万重量トン)、VLCC(20~30万重量トン)、ULCC(30万重量トン以上)というように分類されています。

タンカーの種類

世界の海で活躍するその他の主なタンカーの種類を紹介しましょう。

LNGタンカー

液化天然ガス(LNG)を専門的に輸送するタンカーです。LNGは-161.5度以下で液体となるため、船内に大型の低温断熱タンクが設置されています。タンクにはモス型(独立球型)、独立角型、独立円筒型、メンブレン型などの種類があります。

LPGタンカー

液化石油ガス(LPG)を専門的に輸送するタンカーです。LPGはプロパンやブタンを主な成分としており、加圧式(圧力式)または冷却式(低温化)で液化されます。加圧式は大容量タンクの使用が難しいため小型の内航用、冷却式では外航用のLPG船が主です。

ケミカルタンカー

キシレンやベンゼン、スチレンなどの化学製品(化学物質)を輸送するタンカーです。硫酸やリン酸などの強い酸を運ぶタンカーもあり、タンクのコーティングや素材によって運送できる貨物が違ってきます。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方