燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

船の燃料はC重油

C重油が主流の船の燃料

船舶の燃料として主に使われているのが、粘度が高く常温では流動しないC重油です。重油にはビルなどの暖房に用いられるA重油、大型ボイラーの燃料などに用いられるB重油、そして船舶のディーゼルエンジンや火力発電所などで用いられるC重油の3種類があります。C重油は原油を精製してガソリンや灯油、LPガス、軽油などを分別蒸留したのちに残る成分で、価格が安く大量に使いやすいという特徴を持っています。環境負荷が高いため国内では使用が減少していますが、大量消費には適した燃料といえるでしょう。
 
C重油は高粘度のため常温では固まってしまうという性質があります。そのため、C重油の使用には加熱による不純物の除去が不可欠です。加熱によって取り除かれた不純物をスラッジといい、炭素や金属の燃えカスなどが含まれています。スラッジは消費燃料の4%程度となるため、超大型タンカーのように1日に30~50トンもの燃料を要する場合、1~2トンのスラッジが発生する結果になるのです。

LNGタンカーの燃料はLNG?

タンカーには石油や液化天然ガス、液化石油ガス、化学物質など、運送する貨物による種類分けがあります。うち液化天然ガスを運ぶのがLNGタンカーです。LNGタンカーの燃料は重油ではなく、タンクの積み荷の液化天然ガスが気化したボイルオフガスを利用しています。液化天然ガスを運ぶにはマイナス162度という超低温に保つ必要がありますが、長い航海のうちには温度上昇によって一部が気化してしまいます。LNGタンカーはその気化によって発生する可燃性のガスを燃料として使っているわけです。ちなみにLNGタンカー1隻が一度に運送する天然ガスは、約240万戸の家庭が1カ月使用できる量に相当します。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方