燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

船は何人くらいの乗組員で動くか?

外国航路の船の乗組員は23名

一般的な外航船(外国航路の船舶)の乗組員は23名程度が標準といわれています。そのうちわけは、船長・機関長・航海士が各1名、機関士が3名、甲板部員が6名、機関部員が6名、事務部員が3名で、この計23名が外航船を動かしているのです。船長は文字通りその船の長で乗組員の監督をする役職です。機関長はエンジンを始めとする機械や装置の責任者で機関士の長でもあります。機関士の仕事は船の心臓ともいうべき機関の運転・点検・整備など行ないます。航海士は荷物の管理や積み下ろしの監督、船の計器や海図の管理などを行なう役職です。甲板部員は航海士とともに積荷関連の仕事や船体・甲板機器の保守整備などを担当します。最後の事務部員とは主にコック(調理部員)やフェリーなどの乗客担当係を指しています。これらの乗組員が協力して外航船を動かしているわけです。

最新テクノロジーで乗組員が11名?

外国航路船舶の乗組員は23名程度が一般的という話を紹介しましたが、近年ではコンピューターなどの最新テクノロジーの活用で乗組員が11名程度の船も登場しています。例えばブリッジ(船の操縦室)からエンジンを遠隔コントロールできる仕組みや、人工衛星による衛星航法システムを利用した自動操縦装置などが開発されています。このような仕組みを振るに活用すると、従来は23名程度だった乗組員が11名程度にまで減らせるというから驚きです。しかし、日進月歩のハードウェアも、それを操る人間がいてこそのものであることに変わりはありません。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方