燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

スタッドレスタイヤって燃費どう?

スタッドレスは燃費が悪いのか

冬場の凍結路面や積雪路面で大活躍するのがスタッドレスタイヤですが、燃費の問題となると「燃料費が掛かって困る」という評価が定着しています。残念ながらこの評価はほぼ事実に近く、ノーマルタイヤと比べてスタッドレスタイヤは10%くらい燃費が悪いとされているのです。
 
スタッドレスタイヤの燃費が悪いのは、雪道を走るためのタイヤという特性に原因があります。滑りやすい凍結した道や雪が積もった道では、グリップ力のあるタイヤが不可欠です。このような道をノーマルタイヤで走行するとタイヤが滑って事故の要因となってしまいます。しかし、スタッドレスタイヤは厚くて柔らかいゴムを使用して造られているため、低気温の戸外でもグリップ力をキープすることができ滑りにくくなっているのです。

タイヤのグリップ力と燃費の関係

グリップという言葉に「物をしっかり握る」「物をつかむ」という意味があります。スタッドレスタイヤはグリップ力が高いため、滑りやすい状況でも路面をしっかりとつかんでクルマがスリップするのを防ぐ働きを持っています。
 
これをタイヤの性能に関して言い換えると、タイヤの持つ転がり抵抗を高くしているということになります。転がり抵抗が低いとタイヤが転がりやすい(=燃費が良い)、転がり抵抗が高いと転がりにくい(=燃費が悪い)という図式と考えればいいでしょう。

燃費を改善したスタッドレスもある

いかに安全性を重視したスタッドレスタイヤといえども、燃費の悪さは大きなマイナスポイントであることに違いはありません。そこで最近、各メーカーが開発しているのが燃費の悪さを改善した新しいスタッドレスタイヤです。ヨコハマタイヤのアイスガード5は従来品より転がり抵抗(燃費)を5%改善したスタッドレスタイヤです。また、ブリジストンのブリザックVRXやトーヨータイヤのガリットギズも燃費向上に配慮したタイヤとして高評価を受けています。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方