燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

オイルタックのメーカー「深澤化学研究所」の報告書より、オイルタックの多目的効果について(続き)

⑥シリンダー内の圧力及び温度上昇の防止

燃料の着火特性が低下しますと着火のタイミングが遅れて爆発時点でのシリンダー内の温度と圧力は上昇し、その結果、吸気の効率低下や潤滑油の酸化を生じます。吸気の効率低下は不完全燃焼を誘発し、潤滑油の酸化はエンジン内のデポジット生成につながります。デポジットは、シリンダー内の圧力に悪影響を及ぼしさらに機関のバーツ類を痛めます。この様なシリンダー内の温度状況は、排気温度に反映されます。完全燃焼に近づきバランスのとれた燃焼が得られると必然的に排気温度は低下してきます。
 
下図(Fig 5-a~c)では、いずれもオイルタック添加により排気温度が低下する傾向を見せています。この様な新しいエンジンによる試験では、排気温度は吸気温度に大きく左右されます。したがって、ここで見られる添加・無添加の温度差が100%オイルタックによる影響とは云えませんが、条件の異なる3種の試験において、何れの場合も排気温度の低下を確認していますので、オイルタックによる燃焼改善の効果を示すものと言って良いでしょう。
排気温度グラフ
 
排気温度グラフ
 
排気温度グラフ
 
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方