燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

オイルタックのメーカー「深澤化学研究所」の報告書より、オイルタックの多目的効果について(続き)

⑦潤滑油の酸化防止

オイルタック添加により燃焼が改善されると、SO3、 NOxが減少し、またシリンダー内の温度上昇も抑制され、潤滑油の酸化が抑制されます。潤滑油の酸化防止は機関性能を維持し、さらにデポジットの生成防止(機関内デポジットは主に潤滑油の酸化が原因とされている)されることにつながり重要なことといえます。
 
下図(Fig 6)は船舶技研により、オイルタック添加と無添加の長時間運転における潤滑油の酸化状況を比較したものです。図より明らかなように、オイルタック添加によって潤滑油の酸中和能力がよく保たれている事が分かります。これは、明らかにオイルタックにより燃焼が改善され潤滑油の酸化を抑制している事を示唆しています。
 
実用試験ではこのような細かいチェックは出来ませんが、未燃焼カーボンによる汚れや摩耗による金属の混入が減少したり、消費量の差異が観測されることがあります。
 
近年舶用燃料油の低質化は著しく特に外航船では外地での低質燃料の補油を余儀なくされており、より酸中和能力の高い潤滑油の使用が、酸化防止に効果的と判断されています。この種の高アルカリ度のものは、無機物の含有量が多く、酸化防止には効果的であってもエンジン摩耗の原因になる恐れもあり酸化防止対策として必ずしも理想的とはいえません。この様な状況下で、オイルタックにより燃焼を改善し、潤滑油の酸化を抑制する事は程度の大小はあれ極めて意義深い事といえます。
潤滑油の酸中和能力試験グラフ
 
 

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方