燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

タイヤの種類で燃費が変わる?

タイヤの種類と燃費の関係

クルマのタイヤの種類によって燃費が変わってくるというのは事実です。簡単な例でいえば、タイヤのサイズが大きいと走行抵抗がアップして燃費が悪くなり、反対にサイズが小さくなれば燃費が良くなります。一般的にいえば、走行抵抗が少なく燃費が良いのは(1) 走行性能を向上させたタイプのHT(ハイウェイテレーン)タイヤ、(2) 全地形タイプのAT(オールテレーン)タイヤ、(3)大型四輪駆動車向けのMT(マッドテレーン)タイヤの順とされています。

 

 

 

転がり抵抗と燃費は比例するのか

タイヤには転がり抵抗というものがあります。転がり抵抗とはクルマが走行するときの路面との摩擦のことで、抵抗が低いタイヤはよく転がる(=燃費が良い)という意味になります。逆に転がり抵抗の高いタイヤは路面との摩擦が強く、燃費も悪いという結果になってくるのです。
 
この転がり抵抗と燃費の関係に着目して開発されたのが、いわゆる「低燃費タイヤ(エコタイヤ)」です。低燃費タイヤはその名のとおり、燃費が良いタイヤということになります。別名エコタイヤと呼ばれるのは燃料の量が少なくても遠くまで走れるタイヤという意味です。エコタイヤを使用すると、地球の限られた資源である石油の消費を減らせるうえCO2の排出量も削減できるという一石二鳥のタイヤといえるでしょう。
 
エコタイヤは転がり抵抗が少ないと聞くと、操縦性や安全性が心配というドライバーの方もいるかもしれません。エコタイヤは低燃費性能だけでなく走行性能に関しても操縦安定性(ふらつき抑制・安定感・偏摩耗の抑制)にも配慮した開発がされています。

エコタイヤの燃費と性能

最新技術を導入したエコタイヤとしては、転がり抵抗を50%低減(2008年当時と比較・同社比)させたダンロップ社のエナセーブNEXTがあります。このタイヤは実証実験によると燃費が約6%向上(同社比)という結果が出ているそうです。これは一例ですが、マイカーに合わせたエコタイヤを使用することで燃費向上効果が期待できるといえるのではないでしょうか。
 

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方