燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

灯油

灯油には1号・2号がある

一般に灯油というと暖房器具に使う燃料というイメージがありますが、JIS規格では1号と2号の2種類に分けられています。1号(白灯油)は主に厨房用や灯火用の家庭用灯油、2号(茶灯油)はボートや農業機械などの石油発電機、溶剤、機械洗浄用として用いられるものです。ただし、現在では2号灯油はあまり生産されていません。

照明燃料から暖房燃料へ

灯油は原油を蒸留する過程で、摂氏160~300度程度の沸点で留出される成分です。現在では主に石油ストーブなどの暖房用燃料として使われますが、かつては灯火(照明)用の燃料として用いられていたため「灯油」という名称になっています。
 
灯油が照明用燃料として使用されたのは明治時代のことで、1868年(明治元)には米国から12klが輸入されたという記録が残っています。当時は洋灯と呼ばれた石油ランプの燃料として灯油は家庭の灯りとして重宝されていました。しかし、その後、電灯が普及するにつれて石油ランプの需要は減っていくことになったのです。
 
灯油が暖房用燃料として我が国で使用されたのは1920年(大正9)です。スウェーデンで開発された加圧式ポータブルストーブが輸入され、コンロとしても兼用できる暖房器具として人気になりました。1952年(昭和27)には国産の灯油加圧式コンロが発売、さらに改良された加圧式石油ストーブが誕生したのです。

灯油のJIS規格

引火点・・・40℃以上
蒸留性状95%留出温度℃
1号 270℃以下  
2号 300℃以下

硫黄分質量

1号 0.0080%以下  
2号 0.50%以下
煙点
1号 23mm以下  
2号 -
銅板腐食(50℃/3h)
1号 1以下  
2号 -
色(セーボルト)
1号 +25以上  
2号 -
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方