燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

トラック

トラックって何だ?

大型の貨物や大量の荷物を積んで輸送や工事現場で活躍するトラックですが、いざ「トラックって何?」と聞かれると明確に答えられる人は少ないかもしれません。トラックは日本語では貨物自動車とも呼ばれ、主として大型の輸送物資を運搬する自動車を指します。
 
トラックの分類をメーカーの区分で見ると以下のようになります。
普通トラック(大型)…5t以上(10t車、20t車、25t車)
普通トラック(中型)…2t~5t(4t車)
小型トラック…2t~3t(2t車)
 ただし、4トン車、10トン車といっても積み荷の重さを表わしているわけではありません。この呼び方はあくまで通称で、およそ4トンや10トン程度の積み荷を想定したトラックというような意味になります。実際にそのトラックにどのくらいの荷物を積めるかは車両の重量や乗車人数などによって決まります。

トラックの積載量はこう決まる

警視庁が管轄する「道路交通法」では、大型・中型自動車の種類を「車両総重量」や「最大積載量」などで分けています。トラックの場合はこの総重量や積載量を次のように計算します。
車両総重量=車両重量+(乗車定員×55kg)+最大積載量
車両重量…トラックの車体+燃料+荷台の重量
乗車定員…1人当たり55キロ×人数
最大積載量…トラックの大きさによる貨物の最大の重さ
 
トラックの積載量は「車両総重量」と「車両重量」によって決まります。
最大積載量=車両総重量-車両重量-(乗車人数×55kg)
例えば大型トラックの車両総重量は通常20トン(最大25トン)と法律で決められていますので、そこからトラック本体の重量と乗務員(運転手+助手の人数×55kg)を引けば積載量が割り出せるというわけです。
 

 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方