燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

運送業

トラックの燃費向上にはオイルタックが効果的です。複数の運送会社様にトラックの燃費向上を目的として「オイルタック」をご愛用頂いております。トラックの燃費向上をご検討の運送会社のご担当者の皆様、ぜひ一度「オイルタック」をお試し下さい。
オイルタックは車の燃費向上に効果があります
オイルタック購入申し込みはこちらから 

米国のトラックはデカ過ぎる?

日本でも「トラック」といえば大きな車の代名詞ですが、国土面積が広大な米国ではさらに大きなトラックがたくさん活躍しています。その代表といえるのが「クラス8」と呼ばれる3万3000ポンド(約15トン)以上のトラックです。15トン程度のトラックなら珍しくない…と思うのは早計で、日本と米国ではトラックのサイズ制限からして違うのです。
 
両国のトラックのサイズ制限は、幅[日本2.5m・米国2.6m]と高さ[日本3.8m・米国4~4.5m]に関してはそれほど大きな違いはありません。しかし、長さに関していうと[日本16.5m・米国14.5~20m]と大きな差があるのです。つまり、米国のトラックがデカ過ぎるという理由はその長さ制限にあるというわけなのですね。ちなみに「米国で最も売れている車」はフォードのFシリーズで、名門フォード社が1948年から製造しているフルサイズのピックアップトラックです。

世界各国のトラック事情

地球で最大のトラックといわるのが、東欧の国・ベラルーシの「75710(ベラーズ社製造)」です。そのデータを見ると、全長20.6m、全幅9.8m、全高8.2m、最大積載量450トンと「まさに怪物トラック」。車体の重量は360トン、タイヤの直径は成人男性の倍はあろうかという大きさで、世界で最も大きいダンプトラックとしても有名です。日本の超大型ダンプトラックとして知られるコマツの「960E」は最大積載量が327トンですから比較してみると分かりやすいですね。
 
超大型ダンプトラックの世界一の歴史を見ると、1974年に№1の称号を冠せられていたのが米国の「テレックス・タイタン(ゼネラルモーターズ社)」です。このトラックは全長20m・全高7m・車体重量236トン、最大積載量317トンでした。しかし、1998年に同じ米国の「キャタピラー797B(キャタピラー社)」が登場したことで世界1位の座を追われてしまったのです。
 

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方