燃料油単価削減・燃費向上・燃料節約・燃焼改善・スラッジ分散・デポジット堆積防止・内燃機関清浄化・排煙抑制・CO2削減/重油・軽油・灯油・ガソリンに燃焼改良助燃剤オイルタック

 

 
 
 
 
燃料添加剤(植物酵素助燃剤)「オイルタック」 ご注文はこちら
[価格] 「オイルタック」1リッターあたり、12,000円(消費税別)/送料無料
オイルタック1リッター燃料油10キロリッター(10,000リッター)に効果を発揮

重油、灯油、軽油、ガソリン等に僅か10,000分の1添加で平均2%~10%超の燃費向上オイルタックの導入コストは燃料1リッターあたり僅か円20銭です

オイルタック写真

運転方法

燃費は運転方法で節約できる

クルマの燃費はドライバーのちょっとした注意で向上させることができます。最も燃費が悪いのが、青信号で急激に加速、追い越し加速、高速道路を100キロ超で走行という運転方法です。この3点に気を付けるだけでも、かなりの燃料を節約することができます。ほかにも燃費をよくするためのポイントがありますので、以下に詳しくご紹介していきましょう。
 

燃費向上の5つの運転ポイント

クルマの運転は優しく丁寧に
急発進、急加速、急ブレーキは燃費が悪くなる原因です。道路事情によって難しい場合もあるでしょうが、できるだけ優しく丁寧な運転を心掛けると燃費が向上します。
 
空ぶかしやアイドリングは控えめに
エンジンの空ぶかしが無駄だというのはよく知られていますが、アイドリングを長時間するのも燃費を悪くさせる元になります。寒い時期の過剰な暖気運転も燃料消費につながるので注意しましょう。ちなみにアイドリングしたまま暖気運転をすると、3分間で100ccの燃料を消費してしまうそうです。
 
アクセルワークは一定に
必要がないときでもアクセルを踏み込んだり、いきなり離したりすると燃費悪化の原因になります。一定速度で走り、一定にアクセルを使用するように心掛けると燃費が向上します。
 
エンジンブレーキで減速を
最近のクルマはエンジンブレーキを使うと、自動的にコンピューター制御で燃料供給がストップするように設計されています。エンジン回転数1000~1500rpm以上で燃料ストップされるのが標準的ですので、この数値を踏まえてエンジンブレーキを上手に活用してください。
 
エアコンのA/Cスイッチに注意を
カーエアコンは暖房や送風運転にしても燃費にはあまり関係ありません。しかしA/CスイッチをONにして冷房運転にすると燃費が悪くなる要因になります。A/CをONにするとクルマに5馬力程度の負荷が掛かり加速に影響が出るため、ついついアクセルを強く踏んでしまうからです。暑い時期に無理してガマンをする必要はありませんが、加速が必要な場所ではA/Cスイッチに留意してみましょう。

 

オイルタック「ご注文」「お問合せ」は下記からお気軽にどうぞ!
オイルタックに関するお問合せ オイルタックの注文はこちらから

 

ページ先頭へ

燃費向上&燃料添加剤/トップページへ

 

 
 
ホームページ作り方